ベトナムってどんな国?
 JAPA VIETNAMとは?
 どんな活動をしているの?
 募金するにはどうしたら?
 お問い合わせ
 リンク
 ログインページ

ベトナムツアー 

■ジャパ・ベトナムでは毎年夏に支援先への訪問ツアーを実施しています。

 ★2016年支援先ツアーの様子は、こちらの動画をご覧ください。


訪問先解説

●カオバン省

ハノイから北へ270キロ、北部中越国境の省で、山岳民族が95%を占める。省立病院による省内各地の医療・保健スタッフの研修コースや、病院の機材整備を支援している。


●ゲアン省

ハノイから南へ280キロ、平均年収20ドルとベトナム最貧地帯の一つ。穀倉地帯だが、稲作だけでは食べて行けないため、出稼ぎが多い。橋、診療所、養豚、寺子屋教室、牛銀行など、さまざまなプロジェクトを支援している。

●ビントゥアン省

ホーチミンから東へ200キロの農村地帯。道路や橋、貧しい人の家など基盤整備を支援している。牛銀行のような自立の試みも始まっている。


●ビンフック省

ホーチミンから北へ150キロ。山間部に点在する山岳少数民族の自立支援。子どもたちの寄宿舎などを支援している。


●ホーチミン市

ストリートチルドレン・セックスワーカー・薬物依存者・HIV感染者などの更生・自立支援、AIDS感染者の無料診療所など、4ヶ所への援助を行っている。


●ソックチャン省

南部メコン・デルタに属する。モンキーブリッジと呼ばれる貧弱なつり橋や、飲み水不足(川は濁流)が最大の悩み。井戸や橋、道路、舟などを支援している。


●カマウ省

ベトナムの最南端。やはりデルタ地帯で、自転車や井戸、橋などを支援している。



ベトナムの旅で注意しておきたいこと

【病気】 SARSや鳥インフルエンザは特に心配ない。予防注射は各自の判断で。マラリア予防に蚊取線香や虫よけスプレーがあるとよい。飲み水はミネラル・ウォーター。胃腸薬の準備も忘れずに。日差しが強いので、熱中症対策に帽子を用意するとよい。


【税関】 外貨持ち込み額はよく変わるので、事前の確認が必要。ベトナム街頭での写真撮影は常識の範囲内でOK。市販のCDDVDも持ち出しOK。ただし、自分で録画したビデオは持ち出せないこともある。


【両替】 空港や都市の銀行、ホテルでも頼める。ドルでも円でも両替可能だが、ドルの方が通用しやすい。


【治安】 都市部ではスリや「ぼったくり」に注意。農村や少数民族の村を日本人だけで訪れるのはNG。信頼できる現地ガイドが不可欠。地方でベトナム人の自宅に泊まるのも、原則NG


【ホテル】 私たちが利用しているのは「ミニ・ホテル」と呼ばれる、バス・トイレ・エアコン・テレビ付きで一泊20ドル前後のホテル、英語も通じる。旅行代理店では予約は扱っていないので、初心者にはお勧めしない。


【インターネット】 大都市ならたいていインターネット・カフェがあるが、日本語が使えるかどうかは店次第。


  @copyright 2011 JAPA VIETNAM ORGANIZATION    Date : 19/October/2017 Time 6:49